前へ
次へ

賃貸マンションはフリーターでも借りられる

賃貸マンションに入居する場合は、審査をクリアしなければいけないです。この審査では、収入も1つの判断基準になってくるので正社員など安定した収入がある方が有利です。しかし、収入が低いフリーターでも賃貸マンションを借りる事は可能です。例えば、アルバイトや派遣社員でも時給が高い所で勤務したり、長時間労働になると月収10万円以上も可能です。場合によっては、15万円以上も可能になるのでこうなると賃貸料によっては審査に通ることができます。基本的に月収の3分の1以下の賃貸料であれば、審査に通ることができるので月収15万円であれば家賃が5万ぐらいのマンションであれば十分住むことができます。ただ、フリーターは安定感に欠けると判断されることもあるので、保証人の人選が重要です。保証人が正社員で安定した収入があると契約者の収入が安定していなくても審査に通る可能性が高くなります。このように、状況によってはフリーターでも十分賃貸マンションを借りることができるのであきらめない事が大事です。

Page Top